・当社の保有設備

※実際の設備が未確認のため、他サイトから仮で引っ張りました。

塗装ブース

車の塗装の仕上りに悪影響を及ぼすゴミやホコリを遮断し、塗装作業によって生じるオーバーミストを素早く回収し、屋外に排気するための設備です。
塗装作業後はバーナーを着火させて、塗面を強制乾燥できるタイプが多く見られます。フィルターによってゴミ、ホコリを除去した空気を天井から圧送し、床面から排気装置を通って屋外に排出するプッシュプル式(上下圧送式)が一般的ですが、工場のスペースの問題などからビニールカーテンを使用した簡易ブースも多く使用されています。(※まんまコピーなのでこのままは使えない)

車を塗装する際はゴミやホコリなど仕上がりに悪影響の出るものは遮断する必要があります。そのため、専用のブースで塗装を行わなければなりません。塗料を吹き付ける際には塗料の跳ね返りや飛散などのオーバーミストが生じます。それらを吸収する機械の他、塗装作業後にバーナー熱を利用し塗面を素早く乾燥させる機械などを設置しています。

フレーム修正機

事故によって車体のフレームに損傷が生じた車を修理するために使用します。
工場のフロアに固定具を用いて車体をセットし、埋設したレールに油圧タワーを固定し、前後左右に引き作業をおこなうタイプや専用ベンチの上にジグを用いて車体を固定するタイプなどがあります(※まんまコピー)

事故によって車体のフレームに大きな歪みやへこみなど損傷が生じた場合、修正するために使用します。固定具を用いて車体を固定した後、損傷部位を引き伸ばします。車の製造工程も年々変化しているため、損傷部位以外に影響が出ないように引き伸ばすためには熟練の技術が必要です。

スタッド溶接機

板金を要するパネル表面にピンやワッシャーを溶接するために使用します。
板金の引き出し作業をする際には、溶接されたピンやワッシャーにプーラーをセットし、ヘコミを修復します。(※まんまコピー)

板金が必要なパネル表面にピンやワッシャーを溶接し、固定するために用いられます。板金の引き出し作業に使う場合は、溶接されたピンやワッシャーにプーラーをセットし、ヘコミを修復させています。

半自動ミグ溶接機

溶接ワイヤーを電極として、主にパネルやフレームの切り継ぎ部分や強度を必要とする部位の溶接に使用します。(※まんまコピー)

パネルやフレームの切り継ぎ部分や強度を必要とする部位の溶接に使用します。溶接のためのワイヤーを自動でくりだし、熱により溶かして密着させます。

スポット溶接機

重ね合わせたパネルを圧着しつつ電流を流し、その抵抗熱で母材を溶かして接合させる溶接機です。電気抵抗を利用した溶接であることから抵抗溶接機とも言われています。自動車の生産ラインでは産業ロボットに取り付け多用されています。(※まんまコピー)

パネルを重ね合わせて圧着し、電流を流した抵抗熱で母材を溶かして接合させます。電気抵抗を利用し溶接することから抵抗溶接機とも言われています。部位により溶接強度を変えながら使用します。

乾燥機

パテ、サフェーサー、塗料の完全硬化のための加熱乾燥に使用します。(※まんまコピー)

パテや塗料を塗った後は素早く完全に硬化させる必要があります。邪魔な付着物なくきれいに仕上げるためには欠かせない機械です。熱を加え短時間で乾燥させます。

ミキシングマシーン

自動車は利用状況の違いから1つとして同じ色の車はありません。塗装の固形化を防ぐ攪拌機能を持ったミキシングマシーンに塗料を収納し塗装します。